セフレは複数作って同時進行が鉄則!いつでもやれる女の子を常時5名以上キープする方法

世の中には、彼女が居ながら複数名のセフレをキープしている男性も居ます。

複数名のセフレをキープするためには、女心を知ったうえで行動をしなければなりません。

女心が理解出来ていなければ、一時的に複数名のセフレを作ることが出来たとしても、関係を続けることは難しいでしょう。

セフレをキープする際に重要となる女性とのやりとりを中心に、ポイントを紹介します。

セックスせずにデートだけをする日を作る

複数名のセフレをキープしている男性は、体の関係だけではなく、友人としても気が合う相手を選んでいます。

ホテルや自宅に誘う以外にも食事や遊びに出かけるなど、体の関係を持たない日を作ることがポイントです。

注意したい点は、相手の女性から好意を寄せられない様な距離感を保つことでしょう。

好意を寄せられてしまうと、セフレでも友人でもなくなります。

男性も好意を寄せている場合は恋人に発展しますが、あくまでもセフレであると考えていた場合には面倒な事態になりますね。

セフレは解消され、友人でも恋人でも無くなるのです。

セフレであった事をバラされるなど、嫌がらせを受けるというケースも。

この様な事態にならないようにするためにも、会う頻度を数か月に1度といった形で調整するなど、心の距離を保つように意識をしてください。

彼氏持ちのヤリマンをセフレにする

相手に彼氏という存在が居る中でセフレになる場合は、割り切った関係を築くことが出来ます。

罪悪感の共有によって、関係が冷めることなく楽しめる相手になるでしょう。

また、互いに愛情を含めた感情が入らない事によって、気持ちの温度差でセフレ関係が壊れてしまったり、もめ事に発展するケースも少ないのです。

互いに、恋愛を同時進行している事が重要となります。

新規開拓をしてセフレストックを増やす

新規開拓をしてセフレストックを増やすことによって、気持ちに余裕ができます。

気持ちに余裕ができると、男としての自信につながり、さらに女性にモテるようになります。

このような好循環をつくることによって、男性から前のめりならず、セフレの女性から「この人との関係を保ちたい」と努力をしてもらえるようになります。

セックスのテクニックを磨く

当然のことですが、男性が複数人のセフレをキープするためには、セックスのテクニックも重要です。

テクニックもなく、他の男性と変わらない程度であれば、他の男性に乗り換えられてしまうでしょう。

セフレの良い所は、感情が無いため正直な感想を言い合えるという事です。

しかし、テクニックなどの感想は求められた場合にのみ言うようにしましょう。

自ら感想を述べるとデリカシーが無いと判断され、関係が終わってしまう可能性があるため注意が必要です。

テクニックを磨くために、セフレの女性に対して感想を聞いてみましょう。

マニュアル本やインターネットで得た知識も、実践してみると案外ウケが良いというケースはよくある事です。

女性の口から感想を聞き、実際に他のセフレに試し、更に感想を聞くという流れでテクニックを磨いて行きましょう。

ダメ出しをされて傷付くこともあるかも知れませんが、1つの感想として受け止めます。

注意したい点は、セフレとの関係によって磨かれたテクニックを本命の彼女に実践してしまう事です。

反対の立場であった場合で考えてみましょう。

パートナーの、セックスのやり方が変われば不審に思いますよね。

不審に思われてしまうと些細な事でも疑われ、セフレの存在がばれてしまう場合もあります。

本命のパートナーが居る場合には、テクニックの使い分けも必要になるかも知れませんね。

タイトルとURLをコピーしました